スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • | - |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |
    • - |

    大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その6

    0
      大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その6


      今回は世界の「温室効果ガス」排出量の推移などについて
      大倉満が分かりやすく解説していきたいと思います。


      〜そして、気温上昇がおきています〜

      この温室効果ガス増加とともに、世界の気温も上昇しています。
      1906年から2005年までの100年間に、気温は0.74℃上昇しました。
      特に、1956年から2005年の50年間の気温上昇の傾向は、10年間に 0.13℃上がり、
      これは100年間の傾向のほぼ2倍の上昇率に相当しています。
      また、20世紀後半の北半球の平均気温は、過去1300年の中で最も高温であった可能性が高いといわれています。




      大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能

      大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その4

      0
        大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その4


        今回は世界の「温室効果ガス」排出量の推移などについて
        大倉満が分かりやすく解説していきたいと思います。


        〜世界の温室効果ガス排出量の推移〜

        世界の温室効果ガスは、ここ100年で大幅に増加しています。
        18世紀の半ばにイギリスで新しい技術が次々と開発され、「産業革命」が起きました。
        産業革命で最も大切な技術革新は、それまで人力や動物の力に頼っていた「動力」の変革でした。
        蒸気機関をはじめとする機械の動力を支えたのが、石炭、石油、天然ガス(LNG)などの「化石燃料」です。
        この化石燃料を燃やして得られる、エネルギーを大量に消費する豊かで便利な社会が世界中に広がっていき、
        そしてCO2がそれまでにない勢いで増え続け、人類は「地球温暖化問題」を抱えることになったのです。




        大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能

        大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その2

        0
          大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その2


          ニュースなどで耳した事があるであろう「京都議定書」について
          大倉満が詳しく解説していきたいと思います。


          〜目標達成時期について〜

          京都議定書では、2008年から2012年までの期間中に、
          先進国全体の温室効果ガスの合計排出量を1990年に比べて少なくとも5%削減することを目的と定めました。

          その後、「第7回気候変動枠組条約締約国会議(COP7)」などで各国の遵守制度についても話し合われました。
          目標 達成期間内に不遵守の国があった場合(目標達成ができなかった場合)、
          その国の排出超過の1.3倍分を次期約束期間の割当量からの差引くこと、

          次期約束期 間における遵守確保のための行動計画を策定すること、排出量取引が禁止されるなど、
          法的拘束力を持たない形での罰則規定が決定されています。


          〜京都メカニズム〜

          「クリーン開発メカニズム」「排出量取引」「共同実施」の3つのメカニズムを京都メカニズムといいます。
          各国の削減目標達成のために、京都議定書に盛込まれた制度です。

          (1)共同実施
          先進国同士でプロジェクトを行い、その結果生じた排出削減量に基づいて発行された
          クレジットをプロジェクト参加者間で分け合う制度です。
          共同実施で発行されるクレジットをERUといい、排出枠として活用が可能です。


          (2)クリーン開発メカニズム
          先進国が発展途上国と協力してプロジェクトを行い、その結果生じた排出削減量に基づいて発行された
          クレジットをプロジェクト参加者間で分け合う制度です。
          クレジット名はCERといい、排出枠として活用可能です。

          (3)排出量取引
          先進国の間で、排出枠の獲得・取引を行う仕組みのこと。
          炭素クレジットを 1t-CO2 単位で取引する制度で、
          割当量単位のほか、CER、ERU、また吸収源活動による吸収量も取引できます。
          ただし、排出量取引が行えるのは京都議定書の発行が前提となります。
          京都メカニズムの枠外では EU、イギリス、シカゴなどで既に排出権取引が試行されています。


          〜日本の目標〜

          日本では、2008年4月から、第一約束期間に入りました。
          1990年に比べて温室効果ガス排出量を6%削減することが、日本に課せられた目標です。
          しかしながら、1990年に比べ総排出量は、逆に9.0%上回っているのが現状なのです。
          もう、待ったなし。
          地球温暖化という人類の生存に関わる脅威に対して、温室効果ガス削減をめざし、
          一人ひとりが具体的アクションを実践して、地球温暖化を止めなければいけないと大倉満は考えています。




          大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能

          大倉満が推進する「温暖化」ストップ!その6

          0
            大倉満が推進する「温暖化」ストップ!その6


            〜地域で取り組む温暖化防止活動に参加しよう〜

            温暖化問題は、もちろんあなた一人の問題でなく、この地球に住む全ての人々の問題です。
            だから、地域の人や職場の人とともに、温暖化問題を考えることが重要だと大倉満は思います。

            地域や企業、学校など、様々な単位でみんなで温暖化防止活動に「参加」することで、
            励ましあって、環境への意識を高め、拡げることが出来ます。

            また温暖化防止の意識が高まれば、地域で交通手段を共有するなど工夫によって、
            そのコミュニティに根付いた新しい取組も考案できることでしょう。

            「楽しみながら、みんなで」活動することこそ、温暖化防止への近道になると大倉満は考えます。

            だから、あなたも。
            例えば、地域の環境イベントに積極的に参加したり、
            地域のカーシェアリングやレンタサイクルを積極的に利用したり、
            パーク&ライドで公共交通機関を積極的に利用したり。




            大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能

            大倉満が推進する「温暖化」ストップ!その4

            0
              大倉満が推進する「温暖化」ストップ!その4


              〜ビル、住宅のエコ化を選択しよう〜

              昔から人間の生活は、暑さ寒さとの戦いの歴史でもありました。
              日本では庇を長くする日本家屋や、町屋の坪庭など、自然の光や風を活かして、
              蒸し暑い日本の夏を快適に過ごすための工夫がある優れた住宅を作ってきました。

              このような知恵も活かしつつ、高断熱化などの最新の技術を取り入れることで、
              快適な住空間をつくることが重要だと大倉満は考えます。

              新築時はもちろん、リフォームする際にも、外壁等の断熱や窓の気密性に配慮すると、
              エアコンを効率的に使えて、温暖化を防止できるのです。

              だから、あなたも。
              例えば、新築時やリフォーム時に住宅の外壁などを高断熱構造にしたり、
              窓を複層ガラスにするなどのエコリフォームをしたり、
              また、オフィスビルでも、エネルギー管理システムを導入するなど、エコビル化したり。




              大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能

              大倉満が推進する「温暖化」ストップ!その2

              0
                大倉満が推進する「温暖化」ストップ!その2


                〜省エネ商品を選択しよう〜

                エアコンやテレビ、冷蔵庫、自動車など、私たちの生活を便利にしてくれる様々な製品。
                しかしこれらの製品は、「エネルギーを消費する製品」です。
                温暖化防止のため、より「エネルギー効率の高い製品」を選ぶことが必要だと大倉満は思います。

                日本の技術力は高く、家電をはじめ様々な製品が、日進月歩の進化を遂げています。
                例えば、2008年型のエアコンと1995年型のエアコンを比較すると、
                約40%も省エネ効率が高くなっています。

                もちろん、最近多く普及され始めたエコカーなども、エネルギー効率が高くなっている製品のひとつ。

                購入時など、どの製品を買うか迷ったときは、最新の省エネ性の優れた製品を使用すると
                消費電力量等が大幅に削減され、温暖化防止に役立つと大倉満は考えています。

                だから、あなたも。
                例えば、自宅の白熱電球を、電球型蛍光灯やLED電球に買い替えたり、
                省エネタイプのエアコンやテレビ、冷蔵庫などに買い替えたり、
                また、ハイブリッド車や電気自動車などのエコカー購入を検討したり。




                大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能

                大倉満さんに聞く「異常気象」その5

                0





                  大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能大倉満さんに聞く「異常気象」その5


                  「異常気象」といわれると、台風や洪水、干ばつなどを思い浮かべます。
                  ですが、私達の身近なところでも異常気象は起きています。
                  毎年のように続く猛暑と暖冬ですが、「たまたまでしょう?」などと思っていては大変です。
                  猛暑や暖冬も十分に異常気象なのです。
                  では、この猛暑や暖冬も含めた異常気象の原因とは何なのでしょうか?
                  また、対策を立てることはできるのでしょうか?大倉満と一緒に考えていきましょう。


                  〜日本的には異常、世界的には正常?〜

                  日本で起こった台風の被害ですが、1年に10個以上の台風が上陸するというのは、1950年以来なのです。
                  日本に上陸くる台風の数は、平均3個とされていますが、昨年は10個という異常な量が上陸しました。
                  日本にとってこの台風は非常に大きな爪あとを残した異常気象でした。

                  しかし、世界的に見た台風の数は特別増えているわけではないのです。
                  例年、中国には6個、フィリピンには4個、台湾には1個の台風が上陸します。
                  しかし去年は、中国には4個の台風が上陸し、フィリピンにいたってはひとつも台風が上陸しなかったというのです。
                  もし、中国とフィリピンに上陸するはずだった台風が日本に来たと考えると、
                  台風の数だけで考えると平年通りの数になります。
                  海水の温度や、太平洋の高気圧の形などによって台風のコースが変わるというこういった現象は、
                  50年に一度なら起こり得るこのなんだそうです。
                   

                  大倉満さんに聞く「環境破壊」その4

                  0
                    大倉満さんに聞く「環境破壊」その4


                    様々な原因がある「環境破壊」は、世界でも大きな社会問題とされています。
                    実際、環境問題とはどういうものなのか?
                    どんな原因があるのか?私たちにどんな影響を及ぼすのか?大倉満と一緒に考えていきましょう。


                    〜エコライフ活動〜

                    エコライフ活動とは、なんでしょうか?
                    地球温暖化を防止するために、私たち自身ができる活動のひとつです。
                    地球環境を破壊しないような電化製品や、自動車を購入することもエコライフ活動のひとつです。
                    そして、それを長く使い続けることも立派なエコライフ活動です。
                    これから先、私たち一人ひとりの協力があってこそ、これからの地球環境を守っていくことができるのです。
                    こうした活動を広げていき、もっと地球に優しいことをしていけたらと大倉満は考えています。




                    大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能

                    大倉満さんに聞く身近な「温暖化」防止対策の取り組み

                    0
                      大倉満さんに聞く身近な「温暖化」防止対策の取り組み


                      今まで「温暖化」の原因などを解説してきましたが
                      私たちが簡単に取り組める温暖化への対策方法がありますのでご紹介します。


                      〔蟻未淵▲ぅ疋螢鵐阿鬚笋瓩

                      ∨…鄲度を守る

                      タイヤの空気圧を適正にする

                      ぬ蟻未焚拱を積まない

                      ザぶかしはやめる

                      Φ淅進・急加速・急ブレーキをやめ、適正な車間距離を保つ)

                      Я瓩瓩縫轡侫肇▲奪廚垢

                      ┰詑擇鮠靴違法駐車をやめる

                      エアコンの使用を控える

                      公共交通機関を利用する

                      冷房は1℃高く、暖房は1℃低く設定する

                      待機電力をストップさせる

                      シャワーを1日1分減らす

                      風呂の残り湯を洗濯に使う

                      炊飯ジャーの保温を止める

                      芦搬欧同じ部屋で過ごすようにする

                      映磴な袋を持って歩き、過剰包装のものを避ける

                      殴謄譽咾慮る時間を減らす

                      このようにライフスタイルを改めるだけでも、地球温暖化防止に役立つと大倉満は思います。
                      さらに、いろいろな面においての節約にもなります。
                      こうした生活が、常日頃できるように、取り組んでいきましょう。




                      大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能

                      大倉満さんに聞く「温暖化」による影響その5

                      0
                        大倉満さんに聞く「温暖化」による影響その5


                        公害との複合影響〜温暖化は公害を加速する〜

                        毎年夏になると光化学オキシダント、いわゆる光化学スモッグにより、
                        目や喉の痛みなどの被害が発生しています。


                        気温上昇は大気中の光化学反応を加速するので、温暖化した場合、
                        多くの都市で光化学オキシダント濃度が増加し、健康影響が拡大すると予想されます。
                        この他にも、水質汚濁など、さまざまな公害の影響を助長するおそれがあると大倉満は考えています。


                        〜日本への影響〜

                        毎年夏になると光化学オキシダント、いわゆる光化学スモッグにより、
                        目や喉の痛みなどの被害が発生しています。


                        気温上昇は大気中の光化学反応を加速するので、
                        温暖化した場合、多くの都市で光化学オキシダント濃度が増加し、
                        健康影響が拡大すると予想されます。この他にも、水質汚濁など、
                        さまざまな公害の影響を助長するおそれがあると大倉満は考えています。




                        大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能
                        SunMonTueWedThuFriSat
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728    
                        << February 2017 >>
                        PR
                        Recent Entries
                        Archives
                        Recent Comments
                        Recommend
                        Profile
                        大倉満が野生動物をまもる
                        大倉満の野生動物保護
                        ネット誹謗中傷の無料相談
                        Links
                        Other